インプラント審美歯科 | 京都市左京区の「いのうえまさとし歯科医院」は インプラント専門医 のいる歯科医院です。
インプラント・審美歯科|京都市左京区|いのうえまさとし歯科医院
お問い合わせサイトマップ

MENU

医院ご案内

得意な治療科目

インプラント
・インプラントとは
・インプラント費用
  ・CTを用いたインプラント
  ・インプラント最新情報
再生治療
・歯牙移植、歯牙再植
・歯周組織再生治療

予防
審美歯科
・ホワイトニング
・ラミネートベニア

新技術導入
・スポーツ歯科
・歯科口腔外科


その他

京都のインプラント専門医が答えます!インプラント相談室
京都インプラント再生センター
space
いのうえまさとし歯科医院ブログ インプラント専門医によるインプラントブログ
space
space
space
インプラント専門医によるブログ | 当サイト相談員によるインプラントブログ

 

歯牙移植、歯牙再植|新技術導入
いのうえまさとし歯科得意な治療内容 > 再生治療
歯牙移植とは

自分の歯を別の場所に植えることができます。これを自家歯牙移植と言います。自家移植の良い所は、歯根膜という歯を支えている組織も歯と一緒に移植できること、それから歯ぐきは歯とくっついて感染のバリアーになるということです。このあたりはインプラントでは獲得できないものでインプラントに対して優位でしょう。
インプラント”が人工臓器(人工歯根)の移植であるのに対し、 歯牙移植は天然臓器の移植です。
歯牙移植の歴史は古くナポレオンが部下の歯を植えたとの逸話もあります。
腎臓や肝臓ほど精密な機能を要求されないだけ成功率が高く(ほぼ100%)、試してみるには 十分ですが、研究は不十分で長期間の使用には疑問が残ります。
口のなかには機能していない歯があるのです。例えば、ちゃんと噛み合わない親知らずとか、すでに噛み合う相手がなくなってしまった第二大臼歯や歯列からはみ出た第二小臼歯などです。
もちろん、それらの歯も治療しようによっては役立つように治すことも可能ですが移植することで要らない歯の不具合と機能を一挙に回復する事ができるのです。
つまり、まえあった歯と殆ど変わらない状態で使用出来るのです。
欠点は植えてくる歯が無い場合はできないことです。当たり前ですが。
実際の症例を紹介します。
歯牙移植、歯牙再植 イメージこのままでは機能しない親知らずを 歯を失った場所に植え付けます。
奥歯がなくなってしまって入れ歯か延長ブリッジでしか対応できないときに、親知らず(智歯)が移植によって使えるようになる場合があります。これは移植歯の根の形態が好い事、移植する受け皿側の骨の量や質が良い事などの条件が揃わないとうまくいきませんが、十分検討する価値があります。
また、交通事故などにより脱落した歯を元の場所に植える再植や通常の根管治療では治らない症例でも一旦歯を抜いて口腔外で治療をして再度再植することで効果をあげる場合もあります。適応症の少ない治療法ですがときにはすばらしい効果をあげることがあります。


TOP ページTOPへ


診療科目 : インプラント | 審美歯科 : ホワイトニング | 審美歯科 : ラミネートベニア | 再生治療 | 歯科 | 歯科口腔外科 | スポーツ歯科 | 歯牙移植、歯牙再植 | 歯周組織再生治療   医院ご案内 : 治療に対する考え方 | 院長プロフィール | スタッフプロフィール | 診察時間 | 交通&マップ | 当院で使用している機材 その他 :リンク



インプラント 京都審美歯科 京都 | 京都市左京区 いのうえまさとし歯科医院

住所 :〒606-0864 京都市左京区下鴨高木町1 TEL/FAX:075-723-8241(はによい)/ 完全予約制

アクセス : 京都市営地下鉄「松ヶ崎」駅より徒歩15分 (詳しいアクセス方法はこちら

ホームページ制作 京都