京都市営地下鉄烏丸線松ヶ崎駅徒歩12分、インプラント治療なら京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院

075-723-8241
075-723-8241

京都インプラントTOP > 歯科ブログ > インプラント手術後のメンテナンスの重要性

インプラント手術後のメンテナンスの重要性

インプラント手術をこれから受けようと考えている方は、手術後にメンテナンスが必要であることをご存知でしょうか。
面倒くさいからとメンテナンスを怠ってしまうと、様々な危険性があります。
今回は、インプラント手術後に行うメンテナンスの重要性についての特集です。

 

■術後のメンテナンスについて

インプラントの寿命をなるべく長くしたい時には、日々のメンテナンスが重要です。
こちらでは、自宅や歯科医院でそれぞれおこなえるメンテナンス方法についてご紹介します。

・自宅で毎日できること

毎日自宅でできるメンテナンスとしては、正しいブラッシングです。
歯科医師や歯科衛生士に正しいブラッシング方法を教わるようにしましょう。
長年自己流でおこなっている場合は、誤った方法でブラッシングしている可能性もあります。
歯の一本一本を丁寧に磨くとともに、磨き残しがないように順番を決めておこなうようにすると良いでしょう。
ブラッシングだけで上手く磨けない時には、歯間ブラシや糸楊枝などのグッズを併用するのも良いでしょう。
現在の歯がどのような状態なのかによって、おすすめのブラッシング方法は異なります。
不安な方は、インプラント手術を行う前にかかりつけの歯科医師まで相談するようにしましょう。

・歯科医院で定期的にできること

歯科医院では、インプラントの術後に定期的に状態を確認する必要があります。
「インプラントにゆるみはないか」、「噛み合わせは良好か」、「インプラント以外の歯の状態はどうか」、「歯周病は発生していないか」など複数の項目について確認します。
場合によってはレントゲン撮影をおこなうこともあります。
日々のブラッシングでは除去できなかった歯石についても専用の機械を利用して取り除くことで歯周病や虫歯の発生を抑制しています。
自宅でブラッシングを丁寧にしていても、上記のように口腔内の状態を確認する必要があるため、必ずかかりつけの歯科医師から告げられた時期に合わせて定期的に受診するようにしましょう。

 

■メンテナンスとインプラント周囲炎

インプラントは作られた歯であるため虫歯にはなりませんが、インプラントを埋めた周囲の歯茎が歯周病のようになってしまう(いわゆるインプラント周囲炎)可能性があります。
天然の歯に比べると、インプラントは歯根膜と呼ばれる組織が存在していないため、細菌の影響を受けやすく、インプラント周囲炎のような感染症には特に注意しなければなりません。

インプラント周囲炎が進行していても、神経がない人工歯であるインプラントでは気が付きにくく、気付いた時には既に症状がかなり進行している恐れもあります。
手術後には正しいメンテナンスを行うようにして、インプラント周囲炎に対する予防・早期発見・早期治療に努めましょう。

 

■保証と定期的なメンテナンスについて

インプラント手術後に正しいメンテナンスをおこなうと、インプラントを快適に使用できる可能性が高くなります。
もし何らかのトラブルによってインプラントを快適に使用できなくなった時には、インプラントの製造企業によっては、インプラントを無償で交換するなどの保証対応が利用できるかもしれません。
ただし、保証対応には、定期的に正しいメンテナンスをおこなっていたかどうかが重要になります。
定期的なメンテナンスをしていなかった時には、保証の対象外となることもあるため注意しましょう。
具体的にどのような保証内容があるかについては、インプラント手術をおこなうかかりつけの歯科医師まで確認すると良いでしょう。

 

■まとめ

インプラントは、正しいメンテナンス方法によって周囲炎などの発生を予防できます。
定期的にメンテナンスを行っていない場合に、何らかのトラブルが起こってしまった時には、保証の対象外となる可能性もあります。
今回ご紹介した内容について、さらに詳しい話が聞きたいという時や、現在かかりつけの歯科医院がない方は、いつでもお気軽に当院いのうえまさとし歯科医院までご連絡ください。