京都でインプラント治療なら高い技術力が評判の
「いのうえまさとし歯科医院」

075-723-8241

京都インプラントTOP > コラム > 抜けた歯を放置した場合どうなるのか

抜けた歯を放置した場合どうなるのか

歯が一本だけでも抜けてしまった時には、すぐに治療をおこなうようにしましょう。
抜けた歯をそのまま放置してしまうと、体にとってさまざまな悪影響があります。
今回は抜けた歯を放置した時にどのようなことが起こるのかご紹介します。
既にこのようなことが起こって悩んでいるという方は、できるだけ早く歯科医院を受診することをおすすめします。

 

■歯が伸びて傾く

抜けた歯がある時には、周囲に存在している歯がいつも以上にダメージを受けやすくなるため注意が必要です。
特に抜けた歯の隣にある歯は、空いたスペースを埋めようとするために少しずつ伸びて傾いていきます。
これは実際に長くなっているということではなく、歯根が歯肉から出てしまっているために、伸びているように見えているのです。
こうなってしまうと、いくら正常な歯であっても、抜ける・欠ける・痛みが出てくるというトラブルが起こりやすくなります。
将来的に抜けてしまった歯を治療したいと考えた時に傾いた歯があると、治療に必要なスペースが埋まってしまっていて、本来はスムーズにできる治療が行えなくなる可能性もあります。
歯の状態によっては、傾いた歯まで抜いてしまわなければならないかもしれません。
誰もが歯を大事にしたいと考えます。
一刻も早く治療をおこなうようにしましょう。

■噛み合わせが悪くなり正しい発音ができにくい

抜けた歯があると、思った通りの口の動きを再現しにくくなるばかりか、口の中にある空気が抜けた歯の場所から出ていってしまうので、正しい発音ができなくなります。
放置し続けていると、歯並びの変化によってさらに発音が難しくなります。
発音が難しくなると、会話をする回数も自然に減ってしまうため、口周りや舌の筋肉も衰えてしまいやすくなり、自由に口を動かすことが難しくなります。
特に高齢者の場合は、家族や友人とコミュニケーションが取りにくくなることが影響して、抑うつ状態や認知症になるリスクが高くなることも考えられます。
いつまでも健やかな生活を過ごすためには、なによりも抜けた歯をそのままにしないことが大切です。

■口呼吸になってしまう

歯を抜けたまま放置していると、歯並びが少しずつ悪くなっていくので、口が閉じにくくなります。
そうなると無意識に口が開きやすくなるので、普段から口呼吸で生活するようになってしまいます。
正常な呼吸は鼻呼吸ですが、口呼吸になると何が起こるのでしょうか。
まずは、口の中が乾燥しやすくなるので唾液の殺菌作用が上手く働かなくなります。
そうなると、口臭の悪化や虫歯の原因に繋がりやすくなります。
また、鼻呼吸では適度な湿度と体毛によって外部からの細菌やウイルスから体を守りやすい環境ですが、口呼吸になると喉に直接外の空気が触れてしまうため、免疫力も低下してしまいます。
歯が抜けたことがあり、扁桃炎が腫れやすい・風邪にかかりやすいと感じている方は、要注意です。
口呼吸によって口を開けている時間が長くなると、周囲の筋肉が弱くなるため、歯列や噛みあわせが歪んでしまうこともあります。
そうなると、ますます口呼吸する時間が長くなってしまうという悪循環になります。

 

■まとめ

抜けた歯をそのまま放置してしまった場合には、さまざまな問題が起こりやすくなります。
残った歯や体全体に悪影響にならないためにも、たった一本であっても歯が抜けてしまった時には、できるだけ早くに歯科医院にかかることが大切です。
まだ抜けてはいなくても、痛みやぐらつきがある時には、今後歯が抜けてしまう可能性もあります。
歯科医院を受診して、定期健診をするのもおすすめです。
抜けた部分やぐらつきでのご相談も当院までお気軽にお問い合わせください。

他院で無理だと言われた方でも
あきらめずに、ぜひ一度ご相談ください。