ホワイトニング | いのうえまさとし歯科医院

075-723-8241
075-723-8241

ホワイトニング

ホワイトニングとは?

積極的に歯の色を白くしたい場合の治療法として「ホワイトニング」という方法があります。歯専用に開発された漂白薬剤を、歯に作用させ、歯の色合いをより白くする施術です。

ご自身の歯を削らずに白くする方法ですが、被せ物などには、効果がないです。 多くの日本人の歯はやや黄色がかった色をしています。 それはそれで肌の色などと調和がとれていることが多いのですが、より色合いを白くすることで口もとの印象を良くすることができます。

当院ではホワイトニングの先進国アメリカにて高い評価を得ている「ホームホワイトニング」法とその場で白くなるのが解る「オフィスホワイトニング」を併用する「デュアルホワイトニング」を主に行っています。 ※ホワイトニング治療は自費診療となり健康保険対象外となっています。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

歯科医院内(オフィス)で施術するホワイトニングです。比較的高濃度の薬剤を歯の表面に塗布して、レーザーや光を照射して歯を白くします。 メリットは短期間で効果が現れる所ですが、デメリットはホームホワイトニングよりも色が戻りやすい点です。

ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニングです。マウストレーを患者さんご自身の歯型から作製します。 マウストレーに低濃度の薬剤を塗布して口腔内に装着して、歯を白くします。 長期間、効果が継続します。

デュアルホワイトニング

※(オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用)

即効性はありますが持続性が低いオフィスホワイトニングと、時間はかかりますが持続性の高いホームホワイトニングを併用することによって、その両方のメリットが得られます。

【比較表】ホワイトニングのメリット・デメリット

※横にスクロールしてください

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング デュアルホワイトニング
効果 即効性がある 時間がかかる 即効性がある
持続性 短い 長い 長い
メリット

効果がすぐにわかる

自分でしなくていい

白さが持続する

自分のタイミングで出来る

効果がすぐにわかる

白さが持続する

デメリット

後戻りしやすい

薬剤が強いので痛みが出る事がある

時間がかかる

薬剤が強いので痛みが出る事がある

デュアルホワイトニングの流れと費用

費用 50000円:治療の流れ1〜6の全ての施術を含むパッケージ料金です。

ホワイトニング治療は健康保険対象外で自費診療となっています。

当院においては主にデュアルホワイトニングを行なっています。

※(オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用)

1.問診・診査

問診票にご記入頂き、歯のチェックをいたします。

2.カウンセリング

ホワイトニング カウンセリング

気になっておられる部分やご希望の白さの程度などをお聞きした上で、患者様に適した方法をご提案いたします。

3.歯の表面のクリーニング

歯の表面のクリーニング

ホワイトニング効果を高める為に歯の表面の汚れを落とします。

4.マウストレーの型取り

ホワイトニングに使用するマウストレーを患者様の歯型から作製します。

5.ホワイトニング治療

【オフィスホワイトニング】

上下顎2回ずつの計4回です。間隔は1〜2週間程度を目安に来院して下さい。

治療時間は1回、1時間程度です。

【ホームホワイトニング】

1回目のオフィスホワイトニングの際、患者様に合わせて作製したマウストレーと薬剤をお渡しします。

ご家庭で1日2時間程度、トレーに薬剤を塗布して装着していただきます。(4週間)

ホワイトニング期間中は、コーヒーやカレーなど色素の強い食事を制限していただく場合があります。

6.チェック

ホワイトニングの効果を確認します。

ホワイトニング治療のリスク

・もともとの歯の色には個人差があり、ご希望の白さに届かない場合があります。

・稀に知覚過敏(歯がしみる)症状が生じることがあります。

・知覚過敏症状のある方、う蝕歯(虫歯)、歯周病のある方はホワイトニングが出来ない場合があります。

・重度のテトラサイクリンによる歯の黄ばみ、くすみがある方、神経を取った歯にはあまり効果が出ません。

・ホワイトニングによって獲得した白さは後戻りする事があります。

当院では上記の様な副作用が起こらない様に検査、診断、治療計画を実施して安全なホワイトニング治療を受けていただける体制を整えています。

ラミネートベニア

歯の色が元々黒ずんでいたり、歯の大きさやかたちが揃っていないような場合には、「クリーニング」「ホワイトニング」では十分な効果が得られないようなこともあります。

このような場合、患者様の歯に合わせてセラミックで薄い板状のシェルというものを作製して歯の表面に張り付け、好みの色合いや形態に整える「ラミネートベニア」という方法があります。

セラミックの技術は現在、大変進歩しており、非常に自然できれいな色合いが再現できます。