京都でインプラント治療なら高い技術力が評判の
「いのうえまさとし歯科医院」

075-723-8241

診療科目

京都インプラントTOP > 診療科目

得意な治療内容

  • インプラント
  • 再生治療
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • スポーツ歯科
  • 歯科口腔外科

インプラント

インプラント

インプラント治療とは、顎の骨に歯の根に代わる金属を埋め込み、それを土台にして天然の歯と同じような人工の歯を取り付ける治療法です。

埋め込まれたインプラントは、平均6~12週間の治癒期間を経て骨にしっかりと結合します。 インプラントを利用すると、口の中に回復された歯は、入れ歯とは異なりしっかり固定されることになります。しかも違和感なく、天然の自分の歯とほとんど同じ感覚で噛むことができます。インプラント治療というのは、天然の歯と同様の機能と見栄えを回復する高度な治療法なのです。
インプラントという新しい治療法があることを、治療のメニューに追加してみてください。

再生治療

再生治療

再生治療とは、悪い部分は切り取るといった従来の治療ではなく、原因を取り除いた後に失われた組織の回復がある程度認められる治療です。当院では歯周組織再生治療を行っております。

エムドゲイン ゲル使用による歯周組織再生治療 歯周病により歯周組織が破壊させると、結合組織性付着が失われ、上皮によるポケット底部へのダウングロースが起こり、深いポケットが形成されます。これに伴い、歯根膜や歯槽骨が欠損して本来歯を支えるための歯周組織の機能が低下してしまいます。そこで、考案されたのが、エムドゲインゲル(スウェーデンのビオラ社製)です。歯の発生期に重要な役割を果たすエナメルマトリックスたん白質は、エナメル質の形成だけでなく、歯周組織再生環境を提供することに役立つと考えられています。エムドゲインゲルはこのエナメル・マトリックスたん白質に着目して様々な研究の中から産み出した製品で、歯周外科手術の際の補助材料として歯根面に塗布して用います。 ※この方法は治療の性格上100%治療の成功が保証できるものではありません。

GTR法による歯周組織再生治療 歯の周りに必要な組織を再生させて、歯の支持構造をできるかぎり元の状態に戻すという再生法がGTR法です。従来の歯周外科の手術とほぼ同様な処置が必要になりますが、GTR法には1つ重要な違いがあります。それは、手術によりプラークや歯石を除去した後に、メンブレンを歯肉の下に一定期間おくことです。その後、ある期間を経過してメンブレンを取り除きます。すると歯は新しく再生した組織で覆われていきます。

予防歯科

予防歯科

適切な口腔清掃指導や自己管理(セルフケア)能力を高めていただいたうえで、歯科医が歯石除去など合わせた定期的管理(プロフェッッショナルケア)が必要です。

当院ではまず、唾液検査(希望者のみ)をおすすめしており、検査から得た情報や歯の状態などから、その人にあった「予防プログラム」を立案・実行します。さらにブラッシング指導、PMTCも行っております。
PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科医師・歯科衛生士によって行われる、機械的なプラークコントロールの方法です。毎日の「歯磨き」では限界があり、磨き残しが生じてしまいます。磨き残しやすい部位を重点的に清掃・研摩していくことで、ムシ歯や歯周病を抑制する効果的なテクニックです。

審美歯科

審美歯科

近年、肌やヘアスタイルと同様に歯の美しさを求める人が増えてきました。「歯を治療する」から「歯を美しくする」といった積極的な姿勢で来院される方もいらっしゃいます。

ホワイトニング 積極的に歯の色を白くしたい場合の治療法として「ホワイトニング」という方法があります。歯専用に開発された漂白薬剤を、歯に作用させ、歯の色合いをより白くする方法です。多くの日本人の歯はやや黄色がかった色をしています。それはそれで肌の色などと調和がとれていることが多いのですが、より色合いを白くすることで口もとの印象をよくすることができます。当院ではホワイトニングの先進国アメリカにて高い評価を得ている「ホームホワイトニング」法とその場で白くなるのが解る「オフィスブリーチング」法を行っております。

ラミネートベニア 歯の色が元々黒ずんでいたり、歯のかたちが揃っていないような場合など、「クリーニング」「ホワイトニング」では十分な効果が得られないようなこともあります。このような場合、セラミックでできた薄い板状のシェルというものを歯の表面に張り付け色合いや形態を整える「ラミネートベニア」という方法があります。現在ではセラミックの技術も進歩しており、非常に自然できれいな色合いが再現できます。

スポーツ歯科

スポーツ歯科

運動能力の向上や、歯・アゴ・口のまわりのケガ・脳しんとうを防止するために各個人の歯に合わせて、ゴム質のマウスガード(マウスピース)の作製・管理を行っています。

ボクシングや、ラグビーの選手は、マウスガードの使用が義務づけられています。マウスガードは、スポーツ外傷の予防のために口の中に入れる、マウスピースのようなものです。スポーツ時に、歯が破折したり、脱臼したり、あごの骨を骨折したり、口唇を切ったりするのを防ぎます。
自分でマウスガードを作る方法が一般的ですが、噛み癖があるので、正しい位置でマウスガードを作ることができません。歯科医院で、正しいかみ合わせをトレースしたマウスガードを作ってもらうことをおすすめします。

歯科口腔外科

歯科口腔外科

歯科口腔外科とは、口腔腫瘍・顎関節・親知らず(智歯)・口内炎などの口腔粘膜疾患や顎関節症を扱う科目です。

当院では以下のような治療を行っております。 ■ 親しらずの抜歯…親知らずはトラブルを起こすことが多いため根本的な治療として抜歯が必要な場合があります。
■ 膿の袋やできものの摘出…腔内に膿の袋や、少しでも怪しいできものができたときは、歯科口腔外科で治療されることをおすすめします。中には早期治療が必要な症状もございます。
■ 外傷の処置…転倒や衝突などにより強い衝撃け、歯に外傷を追った場合は、早めにご相談下さい。