診療一覧|京都市左京区のインプラント治療なら【いのうえまさとし歯科医院】

075-723-8241
075-723-8241

診療一覧

インプラント

インプラント
インプラント治療とは、顎の骨に歯の根に代わる金属を埋め込み、それを土台にして天然の歯と同じような人工の歯を取り付ける治療法です。

埋め込まれたインプラントは、平均6~12週間の治癒期間を経て骨にしっかりと結合します。 インプラントを利用すると、口の中に回復された歯は、入れ歯とは異なりしっかり固定されることになります。しかも違和感なく、天然の自分の歯とほとんど同じ感覚で噛むことができます。インプラント治療というのは、天然の歯と同様の機能と見栄えを回復する高度な治療法なのです。
インプラントという新しい治療法があることを、治療のメニューに追加してみてください。

マウスピース矯正/インビザラインGo

マウスピース矯正/インビザラインGo
インビザラインGoは、透明の取り外し可能なマウスピース型矯正装置です。前歯部に特化した矯正治療ですので、通常の矯正より費用、治療期間、回数が少ない矯正です。

目立たない透明なマウスピース型矯正装置ですので、周囲の人にほとんど気づかれずに矯正治療ができます。「クリンチェック」と呼ばれる3D治療計画ソフトウェアによって作製した「アライナー」というマウスピースを段階的に装着する事によって歯並びを整えていきます。

インビザラインは全世界で1000万人以上の治療実績があります。(2021年5月時点)

京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院では、インビザラインGoというマウスピース矯正治療を行っています。

前歯部の歯並びにお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

前歯部とは、前歯から第二小臼歯(前から5番目の歯)のことです。

予防・メンテナンス

予防・メンテナンス
適切な口腔清掃指導のもとに自己管理(セルフケア)能力を高めていただいたうえで、歯石除去などの定期的管理(プロフェッショナルケア)が必要です。

PMTC

PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科医師・歯科衛生士によって行われる、機械的なプラークコントロールの方法です。 スケーリングは歯石を除去することですが、PMTCはプラークと歯石を除去してから、こびりついている「バイオフィルム」を剥がして歯面をツルツルにします。 さらにご自分では磨きにくい、歯と歯の間や歯と歯肉の間のお掃除をします。最後にフッ素塗布をして終了です。 バイオフィルムを剥がしてフッ素塗布をする事によって、より高度な虫歯予防と歯周病予防が可能になります。

費用   12000円

治療時間 約1時間

ホワイトニング・審美治療

ホワイトニング・審美治療
近年、肌やヘアスタイルと同様に歯の美しさを求める人が増えてきました。「歯を治療する」から「歯を美しくする」といった積極的な姿勢で来院される方もいらっしゃいます。

ホワイトニング

積極的に歯の色を白くしたい場合の治療法として「ホワイトニング」という方法があります。歯専用に開発された漂白薬剤を、歯に作用させ、歯の色合いをより白くする方法です。多くの日本人の歯はやや黄色がかった色をしています。それはそれで肌の色などと調和がとれていることが多いのですが、より色合いを白くすることで口もとの印象をよくすることができます。

スポーツマウスガード

スポーツマウスガード
運動能力の向上や、歯・アゴ・口のまわりのケガ・脳しんとうを防止するために各個人の歯に合わせて、ゴム質のマウスガードの作製・管理を行っています。

ボクシングや、ラグビーの選手は、マウスガードの使用が義務づけられています。マウスガードは、スポーツ外傷の予防のために口の中に入れる、マウスピースのようなものです。スポーツ時に、歯が破折したり、脱臼したり、あごの骨を骨折したり、口唇を切ったりするのを防ぎます。
自分でマウスガードを作る方法が一般的ですが、噛み癖があるので、正しい位置でマウスガードを作ることができません。歯科医院で、正しいかみ合わせをトレースしたマウスガードを作ってもらうことをおすすめします。

歯科口腔外科

歯科口腔外科
歯科口腔外科とは、口腔腫瘍・顎関節・親知らず(智歯)・口内炎などの口腔粘膜疾患や顎関節症を扱う科目です。

当院では以下のような治療を行っております。 ■ 親しらずの抜歯…親知らずはトラブルを起こすことが多いため根本的な治療として抜歯が必要な場合があります。
■ 膿の袋やできものの摘出…腔内に膿の袋や、少しでも怪しいできものができたときは、歯科口腔外科で治療されることをおすすめします。中には早期治療が必要な症状もございます。
■ 外傷の処置…転倒や衝突などにより歯に外傷を受けた場合は、早めにご相談下さい。