京都でインプラント治療なら高い技術力が評判の
「いのうえまさとし歯科医院」

075-723-8241

京都インプラントTOP > コラム > インプラント治療にかかる費用と医療費控除

インプラント治療にかかる費用と医療費控除

インプラント治療で気になるのが、最終的に必要となる費用です。
保険適応外であるために、インプラント治療は自費診療になります。
しかし、実は自費診療で使用した金額が返還される制度があることをご存じでしょうか。

今回は、特に初めてインプラント治療を考えているという方にお得な情報をまとめてみました。
これから治療を開始しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

●医療費控除とは

手続きをすることで、医療費の一部が返還される制度が医療費控除です。
できるだけお得に手続きを行いたい時には、以下のポイントを参考にしてください。

<医療費控除の申告を忘れた時は>

確定申告に忘れてしまった時でも、医療費控除は5年後の12月31日まで申請する期間があるので、諦めずに制度の申請を行っていきましょう。

<カード支払いや医療用ローンを利用した時には>

医療費控除の対象となるのは、1月1日から12月31日までの過去1年間の医療費が対象となります。
カード支払いや医療費ローンを使った支払いでは、契約を行った年度が対象になります。
現金の一括支払いではないからと控除申請を諦める必要はありません。

<誰が申請すれば良いのか>

基本的には、世帯の中でも所得が一番高い人が申請すると、還付金の金額が大きくなるのでおすすめです。
収入や所得に応じて具体的な金額に違いが出るので、詳しく知りたい時には税務署などで行われている無料相談会を利用すると良いでしょう。

●医療費控除の手続きの方法

手続きに関しては、確定申告が必要です。
初めて確定申告をするという方は、次からご紹介する内容をよく確認するようにしましょう。

<医療費控除で必要になる物>

・領収書

自由診療であるインプラント治療の場合は、
領収書の保管や提出が必要となるため、事前に準備をしておきましょう。

・医療費通知(医療費のお知らせ)

保険組合から届く上記の通知は、領収書の代わりに使用できます。
ただし、自由診療の場合は別途領収書が必要になるため注意しましょう。

・交通費が分かる物

通院で利用した交通費に関しても、控除の対象となります。
公共の交通機関を利用して通院をした場合には対象となりますが、
自家用車を利用した場合はこの限りではありません。
使用した交通費が分かるように、ノートやメモ帳などに記載して準備しましょう。

医療費控除の場合は、上記について忘れないように準備しておきましょう。
さらに、確定申告で一般的に必要となる物についてまとめてみたので参考にしてください。

<その他、確定申告で必要な物>

・源泉徴収票の原本
・マイナンバー
・確定申告書
・印鑑
・各種保険の控え

確定申告は、住んでいる地域の税務署、郵送、インターネットなどで手続きを行うことができます。
2020年からはスマートフォンを使って確定申告が行えるようになりました。
ご自身の都合に合わせて、それぞれの方法で確定申告を行いましょう。

●まとめ

今回は、普段の歯科治療ではあまり気にしない医療費控除についてのお話でした。
自費診療であるインプラント治療で高額な支払いをした時には、ぜひ積極的に利用してみましょう。

記載した内容を読んでもよく分からなかったという人は、かかりつけの歯科医院にインプラント治療についての具体的な費用を確認したり、お住まいの地域にある税務署まで相談したりすると
さらに安心してインプラント治療を行えるようになることでしょう。

もし、かかりつけの歯科医院に確認しても納得できなかった時には、インプラント専門の歯科医師が在籍している当院いのうえまさと歯科医院までお気軽にご相談ください。
初めての方でも不安が少なくなるように、当院では完全予約制を取っております。
ご質問や不安な点には十分な説明を行います。

他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で無理だと言われた方でも
あきらめずに、ぜひ一度ご相談ください。