京都でインプラント治療なら高い技術力が評判の
「いのうえまさとし歯科医院」

075-723-8241

京都インプラントTOP > コラム > インプラント治療の考え方~1本1本インプラントを埋入しなければいけないのか~

インプラント治療の考え方~1本1本インプラントを埋入しなければいけないのか~

複数の歯をインプラントにしたいと考えている方に、ぜひ読んでいただきたいのが今回の特集です。
今回は、「オールオン4」、「オールオン6」と呼ばれる方法についてご紹介します。
他院でインプラント治療が困難と言われた方や、骨移植が必要と言われた方、総入れ歯で長年物をかむのに苦労されている方、忙しくて手術時間を確保できない方、そのような方々にはぜひご利用していただきたい方法です。
早速、従来の方法と「オールオン」法について詳しく見ていきましょう。

 

従来のインプラント埋入方法とは?

従来のインプラント技術では、1本のインプラントにつき1本のインプラント体を埋め込む必要がありました。
1本だけをインプラントにしたい時には、特に問題とはならないのですが、複数の歯をインプラントにしたいと考えている時には、この方法ではデメリットが大きくなります。

<従来のインプラント技術:デメリット>

・費用が高くなる

1本ごとにインプラントを埋入すると、埋入本数が増えるにつれて金額も高くなっていきます。

・手術時間がかかる

1本ずつインプラントを埋入していくので、本数が増えるにつれて手術時間はそれだけ長くなります。

・手術後に腫れや痛みが出やすくなる

手術する範囲がそれだけ広くなるので、一気に手術した場合は腫れや痛みなどが起こりやすくなります。

・適応できない症例がある

例えば、インプラントを埋入するための場所に利用している顎の骨が、加齢や歯周病などの影響で少なくなると、インプラントを埋入できないことがあります。

 

新技術「オールオン法」とは?

総入れ歯の方など幅広い範囲でインプラントを行いたいと考えている方におすすめなのが、「オールオン4」や「オールオン6」です。
インプラントを埋入する本数が4本(6本)かどうかで「オールオン4(6)」と呼ばれています。
これら複数のインプラントを支えに、10~12本程度のまとまった人工歯を装着することができるため、従来のインプラント手術と比較して様々なメリットがあります。

<オールオン法:メリット>

・費用負担が少ない

失った歯の数と同じ数を埋入する従来の方法は、費用が高額になりがちでしたが、
オールオン法では、埋入するインプラントが4本(6本)で行えるため、費用負担を少なくすることができます。

・手術時間が短くなる

従来の必要とする本数のインプラントを埋め込む方法よりも、インプラントの数を4本(6本)で行えるので、その分手術時間が短くなります。

・痛みや腫れが少ない

従来法と比べて埋入本数が少なくなるので、オールオン法では、痛みや腫れといった術後の負担が少なくなります。

 

オールオン法を行いたい時には

オールオン法は、単独で行うインプラント手術とは異なり様々なメリットがあるので、複数の自歯を失ってしまっている方に特におすすめです。

さらにオールオン法にノーベルガイドと呼ばれる最先端の治療システムを利用すると、メスを使用しない手術が行えるようになります。
わずか1時間で手術が終了して、麻酔が切れた直後から食事を食べることができるので、時間的制約がある方でも身体的負担を最小限にして行えます。

ただし、従来のインプラント法で適応外となった患者様の全てに必ずしもオールオン法が行えるわけではないことにご注意ください。
実際の口腔内やお体全体の状態によっては、医師の診断結果によって適応外となる可能性もあります。
具体的にご自身がオールオン法を行えるかどうかという判断は、かかりつけの歯科医師もしくは当院まで直接ご相談ください。
また今回は「オールオン4」、「オールオン6」についてご紹介いたしましたが、8本、10本の方法もあります。

当院は高い技術力と深い知識をもつインプラント専門医が在籍していますので、他院で治療困難と言われた症例であっても、諦めずに当院にお任せください。
完全予約制で一人一人の患者様に沿った治療計画をご提案いたします。
ぜひお気軽にご連絡ください。

他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で無理だと言われた方でも
あきらめずに、ぜひ一度ご相談ください。