京都でインプラント治療なら高い技術力が評判の
「いのうえまさとし歯科医院」

075-723-8241

京都インプラントTOP > コラム > 美しさを求めてインプラント治療を行うメリットとデメリット

美しさを求めてインプラント治療を行うメリットとデメリット

見た目が綺麗な歯を手に入れたい時には、インプラント治療を考えてみてはいかがでしょうか。
今回は、インプラント治療を行ううえでのメリットとデメリットについてご紹介します。

●メリット・デメリットの紹介

<インプラント治療のメリット>
まずはインプラント治療についてのメリットです。

・見た目が美しい
インプラント治療では天然の歯と同じような仕上がりが期待できます。
セラミックやレジン、ジルコニアなど様々な素材から一人一人に合わせた人工歯を作成するので、とても美しい見た目になります。

・イキイキと過ごせるようになる
インプラントで作られた歯には、天然の歯と同じぐらい噛む力があると言われています。
噛む力を維持できるため、顎が痩せることもなく、若々しい印象を保てます。
インプラント治療を行うと硬い食べ物も美味しく食べられるようになるので、栄養バランスの整った食生活を過ごせます。

・健康な歯を犠牲にしない
歯の治療として、ブリッジや入れ歯などの治療方法がありますが、隣にある歯を利用したり歯を削ったりするために、健康な歯の寿命が短くなってしまいます。
インプラントは一本一本の歯に対して直接的に治療を行うため、健康的な歯に頼る必要はありません。

<インプラント治療のデメリット>

・費用が高くなる
インプラント治療は保険適応外の自由診療になるため、必要な費用が高額になりがちです。
インプラント治療後は定期的なメンテナンスも必要となるため、費用が高額になることに注意が必要です。

・手術が必要
インプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋入する手術が必要になります。
全身状態によっては手術が行えないこともあることを知っておきましょう。

・治療期間が長くなる
インプラント治療は、顎の骨にインプラント体を入れてから定着するまで時間がかかります。
人工歯を装着して治療が終了するまで約1年の期間がかかることがあります。
インプラント治療は余裕を持って行うようにしましょう。

●デメリットを理解した上で治療を行うことを勧める

インプラント治療にはメリット以外にもデメリットがあることがお分かりいただけましたか。
それでもインプラント治療を行う方が良い場合とは、どのような時なのでしょうか。

・歯の根元がない時
インプラントは歯の根元がない方でも利用できる治療方法です。
直接顎の骨にインプラント体を埋め込むため、一本からでも治療が行えます。

・歯の負担を減らしたい時
ブリッジ治療では、失った歯を埋めるために隣り合った歯を利用することがあります。
健康な歯であっても削って形を整えることもあるので、歯の負担が増えてしまうことで将来的には隣の歯も抜けてしまうリスクが発生します。
他の歯の負担を減らしたい時にはインプラントが向いています。

・見た目と機能性にこだわりたい時
インプラント治療では顎の骨にインプラント体を埋め込むため、自分の歯のような見た目と機能性を手に入れることができます。

グラつくことなくしっかりと力を入れて噛めるので、天然の歯と同じような噛む力を手に入れることができます。

結果として健康的な食事を摂ることができるので、硬い食べ物が好きな方や、年を経ても美味しく食事を食べたい方にはおすすめです。

●自信が無いなど悩んでいるのなら、挑戦してもいいかも

笑顔で会話をしている時に、自分の歯がどのように見られているのかを気にしている方は、インプラント治療で自信を取り戻すことができるかもしれません。
人と積極的に会話をするのが好きな方や、人前に立つことが多い方にも、インプラント治療はおすすめです。

●まとめ

インプラントは歯の美しさを求める方や、機能性を重視したい方にとっては最適の治療方法です。
当院ではインプラントだけでなく、患者様のお悩みとご希望に沿った治療方法をご提案いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で無理だと言われた方でも
あきらめずに、ぜひ一度ご相談ください。