京都市営地下鉄烏丸線松ヶ崎駅徒歩12分、インプラント治療なら京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院

075-723-8241
075-723-8241

京都インプラントTOP > 歯科ブログ > インプラントと入れ歯の違い

インプラントと入れ歯の違い

虫歯や歯周病などの影響で歯を失ってしまった時に、そのまま放置してしまっては残っている歯まで失ってしまうことになりかねません。
そのような歯の状態を良くしたいと思った時に候補に挙がるのが入れ歯やインプラントではないでしょうか。
入れ歯とインプラントはどちらも元々の歯の代わりになるという点は同じですが、違いやそれぞれの特徴とはどんなものなのでしょうか。

 

●インプラントの基礎知識

インプラントは、顎の骨に土台を埋めてから人工的な義歯を取り付けるという方法です。
インプラント治療の特徴について、メリットとデメリットをまとめてみたので確認してみましょう。

<インプラントのメリット>

・正常な歯に負担をかけない
直接骨に埋め込んだ土台を利用して設置するので、周囲にある正常な歯に過度な負担をかけることがありません。
そのため、問題のない歯にあまり影響を及ばさずに治療ができます。

・噛みしめやすい
人工的とはいえ、歯を根元から作り上げるのでしっかりと噛みしめやすい構造になります。
硬い食べ物をよく食べる方は力を入れやすいので向いているでしょう。

・本数に制限がない
1本1本を丁寧に作り上げていくため、失った歯1本から幅広く対応できます。
長い間放置していると、失った歯の上下左右にある歯が倒れて折れやすくなり弱ってしまうことがありますが、そのような場合でも複数の歯をターゲットにして治療ができます。

<インプラントのデメリット>

・手術が必要
一般的な歯科治療に比べると、インプラント治療では歯の根元を設置するための手術が必要になります。
健康状態によっては手術が適さないこともあるので、現在かかっている病気や飲んでいる薬については正確に答えましょう。

・費用が高くなりやすい
インプラント治療では、健康保険を適用できないため全額自費負担になります。
例外として、先天的に歯を欠損している方などに限って健康保険が適用できることもあるかもしれませんが、一般的には自費負担となるのでインプラント治療前には必要な費用についてしっかり確認しておくと良いでしょう。

 

●入れ歯とは

次に入れ歯の特徴をメリットとデメリットに分けて考察してみましょう。

<入れ歯のメリット>

・手術がいらない
インプラント治療に比べると、入れ歯は外科手術を必要としないため体に対する負担が少なくなります。
気軽な治療を好む方には向いているかもしれません。

・費用が安くなりやすい
入れ歯には様々な種類があるので、保険が使えるかどうかも素材などによって異なりますが、基本的なものであれば保険が使えることがほとんどです。
自費治療がメインのインプラント治療に比べると合計費用は安くなるでしょう。

<入れ歯のデメリット>

・正常な歯にとって負担になることもある
金具を利用した入れ歯は、隣り合った歯に金具をひっかけて装着するために、正常な歯に過度な負担がかかってしまう可能性があります。

・硬いものが噛みにくい
自然の歯やインプラントに比べると力を入れにくいため、硬いものが噛みにくくなるといわれています。

・残った歯によって治療法がやや異なる
一部の歯を失くした時には部分入れ歯、上下どちらか全て失った時には総入れ歯をすることが一般的ですが、金具を利用して設置する時には、残った歯がしっかりと健康的でなければなりません。

 

●まとめ

インプラントと入れ歯はそれぞれの特徴が異なります。
今回ご紹介した以外にも、歯科医院や医師によって判断も違うでしょうし、ご自身の生活や口の中の状態に合わせて治療方法を選んでみるのも良いでしょう。
入れ歯とインプラントはどちらもメリットとデメリットがあります。
どのような治療方法が合っているかぜひ相談してみましょう。

他院で無理だと言われた方でも
あきらめずに、ぜひ一度ご相談ください。