インプラント治療の注意点を解説

075-723-8241
075-723-8241

インプラント治療の注意点を解説

インプラント治療は、本来の自分の歯に近い状態を再現できることから、魅力的な治療法です。しかし、顎の骨にインプラントを埋め込む手術が必要となるため、不安に思う方も多いでしょう。
インプラント治療の不安を払拭するためには、治療のメリットだけでなく注意点を知っておくことが大切です。

本記事では、インプラント治療を行う前に知っておくべき注意点について解説します。

⇒いのうえまさとし歯科医院ではインプラント治療について今すぐ確認する

インプラント治療の注意点

インプラント治療は、顎の骨にインプラントを埋め込むことで、天然の歯と変わらない見た目を保ち、食べ物をしっかり噛めるというメリットがあります。
また、他の歯を削る処置が必要となるブリッジや入れ歯に対して、インプラント治療は他の歯を傷つけることなく治療できることも利点です。

メリットの多いインプラント治療ですが、いくつか注意点もあります。
この記事では、インプラント治療の6つの注意点について、詳しく解説していきます。

1. 外科手術が必要となる

インプラント治療の際は、顎の骨にインプラントを埋め込む穴を開けるため、外科手術が必要です。また、顎の骨の厚さが薄い場合には、インプラント治療前に骨の厚さを補強する骨再生治療を行う場合もあります。
こうした外科手術はリスクがまったくないとは言い切れません。術中に血管や神経を傷つけてしまう可能性もあります。
リスクを軽減するためにも、歯科用CTなど必要な設備が整っており、知識・技術力・経験が豊富な歯科医師がいる歯科医院を選びましょう。

2. 術後に腫れや痛みが出ることがある

インプラントの外科手術は麻酔を使用するため、術中に痛みがでることはほとんどありません。しかし、麻酔が切れた後に痛みや腫れが生じることがあります。
痛みや腫れの程度は個人差がありますが、大抵2~3日程度、長くても1週間ほどで引いていきます。術前・術後はアルコールや喫煙を控え、体調をしっかり整えることで、その後の痛みや腫れが軽減します。
なお、痛みや腫れがなかなか引かない場合は、細菌感染の可能性も考えられます。なるべく早めに歯科医師に相談しましょう。

3. 治療が受けられない場合がある

上述のとおり外科手術が必要なため、健康状態によっては、治療が受けられない方もいます。糖尿病や心疾患など全身疾患や持病を抱えている方や妊娠中の方は、ご自身の体がインプラント治療に適するかどうか、事前に歯科医師やかかりつけ医に相談しましょう。
同様に、チタンに対する金属アレルギーをお持ちの方も、事前に相談が必要となります。
また、虫歯や歯周病がある方は、口腔内のトラブルを治療してからでないと、インプラント治療を受けることができません。

4. 保険が適用にならない

インプラント治療は自由診療となり保険が適用されないため、一般的に治療費が高額です。料金は、使用するインプラントや治療法によって変わります。トータルで費用がいくらかかるのか、治療前に確認したほうがよいでしょう。

もう一つ注意したいのは、インプラント治療を格安で提供する業者の存在です。安価なインプラントを用いている場合があり、安全性や耐久性に不安があります。
インプラント治療を受ける際には、価格面だけ重視するのではなく、インプラントの安全性や耐久性を確認することも重要です。

5. 治療期間が長くなる

インプラント2回法の治療では、1度目の手術で顎の骨にインプラント体を埋め込み、一旦歯茎を閉じます。顎の骨にインプラント体が結合するのを待ち、2回目の手術で、閉じた歯茎を開いてアパッチメントをインプラント体に取り付けます。
インプラント体が顎の骨に結合するまでは、2~4ヵ月ほどかかります。ブリッジや入れ歯といった他の治療方法と比較しても、全体の治療期間は長くなります。

6. 定期的なメンテナンスが必要となる

インプラント治療後も、インプラント周囲炎の予防や対処のため、定期的なメンテナンスが必要となります。
インプラント周囲炎とは、インプラント周辺の歯肉が歯周病によって炎症を起こすことです。
インプラントを埋め込むと、細菌への抵抗力が弱まります。そのため、きちんとケアを行わないと、インプラント周囲炎になりやすくなってしまうのです。重度の炎症になると、インプラントを埋め込んだ骨が溶け出して、インプラントが抜けてしまいます。

インプラント治療は注意点を知ることも大事

インプラント治療には、外科手術が必要になる、保険適用がきかない、治療期間が長くなるといった注意点がいくつかあります。インプラント治療を安心して受けるためにも、メリットだけでなく注意点を事前に知っておくことが大切です。
インプラント治療を検討する際は、外科手術が必要となる、術後に腫れや痛みが出ることがあるなどの注意点を押さえておきましょう。不安な点があれば、かかりつけの歯科医に相談しておくことが大切です。